学資保険

お金について

子供が生まれた時からずっとゆうちょ銀行(旧郵便局)の学資保険に入っている。
学資保険は親の年齢により保険料が変わり、私は高齢出産(34歳)だったため、毎月23,000円口座引き落としになっている。中学入学で50万高校入学で50万 大学入学で400万計500万戻ってくる。
今回はこの50万円があったので、学資保険入っていて良かったと実感しました。

↓は大きなお金がかかった内訳です。(中高一貫だったので高校受験の方はもっとかかると思う)

高校入学等にかかったお金(学費別 100円未満端数カット)

制服(冬)45,000円 
  (夏)33,000円

エレキギター(部活) 31,000円

眼鏡(眼科処方箋込み) 38,000円

学校施設費 155,000円

バス定期券(1年分) 75,000円

合計377,000円

学資保険のメリット
保険者(自分)死亡したら、保険料が免除されて、満額子供に現金が渡せる。
子どもが入院等したら保険金がもらえる。
23,000円×12ケ月×18年間=4,968,000円支払  トータル32,000円は得?
年末調整(確定申告)の保険料控除対象になる。

学資保険のデメリット
自分で運用したらもっと溜まっていたかもしれない!
(今の時代は、子供積み立てNISAにしてたらいいかもしれない?)

コメント