耳手術費用 

お金について

 限度額認定証を申請しており、手術費用 約84,000円(ベット・食事込み)支払いました。
 と言うことは限度額認定していなかったら、3割負担約135,000円支払わなければならないということになります。そう考えると病院での支払いが少ないのは有難いです。
また、健康保険がなかったら、約450,000円(10割)支払わなければならないことになり、国民皆保険制度は有難いと思いました。
(毎月の給与天引きされる健康保険料は高いけど(-ω-;)ウーン)

限度額適用認定証

高額療養費制度では、医療機関より請求された医療費の全額を支払ったうえで申請することにより、自己負担限度額を超えた金額が払い戻しされます。しかし、一時的にせよ多額の費用を立て替えることになるため、経済的に大きな負担となります。
 あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に提示することで、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。
 ※食事代や保険適用とならない費用(差額ベッド代など)は別途お支払いが必要です。

すべての病院が限度額適用認定証が使用できるわけではないようです。

高額療養費制度(参考)

昔は先に治療費を病院で支払って、後から協会けんぽに請求したら差額が戻ってくる仕組みでした。私の場合は約135,000円を支払い、後で高額療養費の申請して、約51,000円もどってくる感じです。)

↓の表を見ていただくと年収に応じて自己負担が違います。私は③区分ウなので80,100円以上かかった分について払い戻されると考えていいです。

70歳未満の場合

 所得区分 自己負担限度額多数該当※2
①区分ア(年収約1,160万円~)
(標準報酬月額83万円以上の方)
 252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ(年収約770~約1,160万円
(標準報酬月額53万~79万円の方)
 167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ(年収約370~約770万円)
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%44,400円
④区分エ(~年収約370万円
(標準報酬月額26万円以下の方)
 57,600円 44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
 35,400円 24,600円
※1 総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。
※2 療養を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。
注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。
 

コメント